fc2ブログ

緋色の卵殻膜化粧水 抽出編


IMG_2122.jpg

[緋色のヒアルロンサン原液]
キッチンで保湿効果抜群、保存料も添加物も入れないで真っ赤な化粧水を作ってます。
天然のヒアルロンサンが卵殻膜にはいっぱい。アルコールがBGで抽出、ハイビスカスのペダル(花びら)を少し入れるとph調整できて鮮やかに染まるのです。

[ 材料 ]
卵殻膜   10個分
昆布      3g 
35度アルコール 150ml
ハイビスカス  小1

ガラス瓶に全てを入れてアルコールなら1週間、BGなら3週間で抽出できます。
この原液は冷蔵庫で半年程の保存可能。
使用は5:5で煮沸水で割って使います。

スプレー容器に入れて常備しておけば何時でもスプレーできますよ。

詳しくは、続きをどうぞ




卵の殻を3H程度水につけておくと薄皮がはがれ易く、剥がしたら水を切って乾燥させると扱いやすい。
昆布の種類は厭わず多すぎるとべたつくので3g以下を推奨
日本酒や焼酎テキーラでも可、種類は厭わず但し添加物が無いものに限る
ドライハーブハイビスカスは弱酸性成分として

アルコールがダメな方や乾燥肌の方はアルコールの代わりにBG70mlと一度沸騰させた水80mlでの抽出がお保湿効果も保存効果も高まります。

材料をを1週間冷蔵庫で保存することで抽出が出来上がり。

1.150ml以上入る小瓶を用意し消毒する。
2.緋色のヒアルロンサン原液の材料を全て入れて冷暗所で1週間おく(成分が抽出される)
3.150ml以上入る瓶に珈琲フィルターをセットしたジョーゴをおいて熱湯をかけることで消毒し水切り。
4.水が切れた「3」の瓶に「2」をあけて濾す。
(消毒は煮沸消毒か無水アルコールで容器を満たし一晩放置することで殺菌効果が出ます)


コレで緋色のヒアルロンサン原液が出来、この原液は他の生薬の原液を参考にすると半年から一年保存が可能ですが、家庭での抽出を考えると抽出過程での雑菌混入なども考慮し冷蔵で3ヶ月以内を目安にしてます。


薬瓶等は「ギヤマン」がお値打ちです。
私が使っているのは硬質の広口瓶です更にお値打ちな並質も有ります。
純度の高いグリセリン等の材料は「いまじん」がコストパフォーマンス良く手っ取り早い



この↑原液を使って化粧水を作る
[緋色の化粧水]
緋色のヒアルロンサン原液 50ml
精製水か煮沸水      40ml
グリセリンかベタイン   10ml
多くの化粧品に入っているグリセリンですが私は苦手なのでサトウダイコンから抽出した保湿剤。 グリセリン並の保湿力ながら、刺激がなく、さっぱりとした仕上がりのベタインを使ってます

100ml以上入る瓶にコノ全部の材料を入れ瓶ごと湯煎したら化粧水として使用できます。この化粧水は保存料が入っていないため一ヶ月での使い切りを推奨。(この配分は卵殻膜を使った化粧水として一般的に出回ってるもの)

私の場合は生薬の化粧水を作るときに緋色のヒアルロンサン原液を添加しています。

防腐剤を入れない化粧水は濃い目に作って冷蔵保存し一週間分づつ薄めて使うと面倒が少ないかな

それはまたの機会に  

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply