fc2ブログ

3週間は美味しいタラコの粕漬け


00img15759126.jpg



フワリ粕の香りのタラコ



酒粕がドッサリ出てきました。

何を漬けても美味しい粕漬けで、これも大好きな一品

吟醸酒の練り粕を使うことで優しい香りで、粕漬けが苦手な方にも、これは結構好評みたい。



お酒にも、ご飯にも、あうから困ってしまいます。




タラコがお安くなってたら、迷わず多めにGet!


無添加保存食、粕漬けになっていただきます。




詳しくは長文になってしまったので追記です。










  3週間は美味しいタラコの粕漬け

酒粕  300g吟醸酒の練り粕
味醂  2/1Cupみりん風では添加物特有の味に成ります
砂糖 2/1Cupグラニュー糖はサッパリ、テンサイ糖ならコクのある仕上がりに
味噌  大1風味と塩分が効きます


上記の調味料を交ぜて漬けるだけで出来ます。
  1. タラコに軽く塩をします
  2. 調味料全部を擂鉢かFPで混ぜ粕床を作ります
  3. ホーローの入れ物かビニール袋に2の粕床の半量を敷くように入れます
  4. 3の粕床の上にキッチンペーパーを敷きタラコを並べます。
  5. 4の並べたタラコの上にキッチンペーパーを被せ、その上に残りの粕床を敷き入れます。

4日~1週間で漬かり二週間は美味しくいただけます。
浅めの漬かりでは生でツマミやご飯に、味が濃く入ってきたら和え物やパスタにもよく合います。

長く漬けるとだんだん味が濃くなるので、お好みの加減で床から出して1ハラずつラップして冷蔵保存しておく便利。

粕床は3ヶ月は保存可能で何度も漬床につかえ鮭や鯖、鱈等も美味しく漬かるので、普段は、お値打ちな時に沢山かって漬けています。

漬け床容器にタッパウエアをつかうと匂いがつくので、匂いがつかないホーローか使い捨てできる袋をお奨めします。


仕上がりは優しく上品で香りが豊かですが、使う調味料によって大きく変わります。

+ 以下、ミウが使っている調味料で現在インターネットで入手できるもの +

福来純 三年熟成本みりん 濃く深い甘口の優しい日本酒といった感じ。時々、よさそうな味醂も験しますがコレに勝ったことはありません。

一ノ蔵 純米大吟醸酒粕説明の必要が無い有名なお酒の練り粕です。シーズンになると買っています。

西京味噌白色でこうじの割合が高く甘みのある西京味噌です。吟醸の練り粕の風味と色を損なわず、まろやかに上品に仕上がります

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply